次の一手のビジネスには「地域」という視点がある

日々、Youtubeをはじめ、新聞やネットなどの様々な情報に触れながら、これからのビジネスの展開について思いを巡らせている。

僕が最も刺激を受けているのは、マナブさんや与沢翼さん、メンタリストDaiGoさんなど、ビジネス系や教育系と言われるビジネスマン。彼らの取り組みやメッセージは、素晴らしい教材だし本当に見習っていきたいと思う。

でも、僕にあって、彼らに無いものがある。

それは「地域」という視点だ。

個人で稼いで自分らしく生きる、心理学や論文結果に基づいて行動するなど、どれも大切なポイントではあり、どんどん取り入れていきたいが、次の一手のビジネスは「地域」に密着したものであり、「地域と密着している企業の成長を阻害する課題の解決」という独特な視点を持っていることに気付かされた。

まさに、ホームページや映像は弊社が提供する商品であるが、単なる売上向上という側面だけではなく、人材の採用や新規取引の拡大、「どんな会社なのか?」を瞬間的に理解してもらうためのツールとして制作をしている。

現時点でで60本ほどだが、Youtubeでの情報発信を続けている。チャンネルとして認知されるには「最低でも300本」は必要だと思っている。続けていく上での弊社独自の視点として「地域」というテーマが欠かせないし、皆さんに理解してもらうためのポイントになるのだろう。

ということで、引き続き「確かな情報発信」に取り組んでいきたい。


関連記事

  1. 今日から2月、スケジュールてんこ盛り!

  2. 家具とのお別れ、ちょっぴりさびしい

  3. やっぱり、ブログだよねぇ

  4. 地方都市だけど、めちゃめちゃ元気!~なぜ、そう感じるのか?~

  5. ありがとう、初代Macbook Pro!

  6. “ERROR”との戦い!