企業は復活を遂げた後、さらに成長発展できる!

11月21日(水)〜22日(木)、月形町で窓枠の製造をしている(株)平塚建具製作所様で撮影をさせていただきました。
この度、同社の企業紹介映像とホームページを制作させていただくのですが、現地に行ってみると驚きの連続でした。
まずは、到着するなり「お待ちしておりました」と作業服を着た女性社員が外に出てきてくれて、車内に積んでいた大量の機材などの荷物を一緒に運んでくれました。さらに、小学校の体育館だったという窓枠製造工場に入ると、若い女性社員が電動ドライバーを片手に窓枠を組み立てているのです。お仕事的に、男性色が強い工場と勝手にイメージしていたので、真逆の光景に驚いてしまいました。

滞在した二日間で、平塚社長をはじめ、実に10名以上の方々とお話しをさせていただくことができました。同社は木製建具を製造していましたが、時代はアルミ製建具へと大転換が進む中であらゆる革新が求められました。特に「人材」については力を入れ、10年前に大卒の採用に特化した採用活動に切り替え、若い人材を積極的に活用した企業づくりを進めて来ました。

その経緯、現状や課題に到るまで、たくさんのお話しを聴かせていただきましたが、改めて「経営者の覚悟」が最も重要だと痛感しました。一度苦境から立ち上がった企業は、壮絶な経験が教訓となることで、さらに飛躍するという事実を今回も確認することができました。

「一人のクリエイターとして、この企業の魅力情報をどう表現したらいいだろう?」と想像が膨らみます。

同社の底力がさらに引き出されるような、ステキな作品を作りたいです。

関連記事

  1. 小野裕史さんのセミナーに参加!

  2. “悔しさ”を超えて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。