なぜ、いま、SNSなのか?

2020年4月14日(火) SNSで集客&売上増!

■自己紹介

・これまで20年近く、中小企業経営者の団体の事務局員として勤務し、3000名を超える経営者と関わってきました。

・次の一手を経営しており、ホームページや映像制作を通して、お客様の企業の魅力情報発信をサポートし、地域に企業情報のインフラをつくりたいと思い活動している。

・日々、お話しをしながら、「SNSを活用したいけど、方法が分からない」、「忙しすぎて、意識が回らない」などの悩みを日常的に聞いていて、何とかサポートできないか?

 

<第1話:なぜ、いまSNSなのか?>

  • 新型コロナウィルスによる経済活動の大きな変化
  • 人々の生活にスマホやGoogle検索が浸透している
  • ホームページ、SNS、YouTubeを活用しながら「情報発信」を使い分けることで、魅力を深く正しく伝えることができる

 

■どれだけ、利用されているのか?

日本のSNS普及率 2020年末には7900万人以(75%以上)

総務省:2012年 41.4% → 2016年 71.2%

20代が97%以上

40代、50代でも80%以上

 

■SNSの特徴(ソーシャルネットワーキングサービス)

引用「ガイアックス ソーシャルメディアラボ」

 ・LINE:8200万人、Twitter:4500万人、Instagram:3300万人、facebook:2600万人

  YouTube:全世界で20億人以上のユーザー

 ・写真や文章などの共有として使われ始めるが、ホームページの代用として情報発信している企業が増えている

 ・僕の場合は、Facebookの利用が多い。実名登録で情報に安心感があるし、企業ページも開設している。ホームページと連携させながら活用している。

 

■「とりあえずやっている」、「何となく配信している」という状況から突破し、しっかりと販促に活かし、将来の顧客を創造し、企業ブランディングに活かしたい

 ・ターゲットを絞り込んで、アプローチが可能となる
 ・低コストで情報発信ができる
 ・定着するファンを得ることができる

 →例えば、飲食店の場合は来店者や利用者がこれまでと全く違った動き。SNSで登録者の数が安心材料にもなるし、ここの数が増えるほどに企業としての安定感が増す。

関連記事

  1. Adobe MAXに行ってきました

  2. 札幌から豪華なゲストが来てくれました!

  3. 「夢」に日付を入れる

  4. “悔しさ”を超えて

  5. 壮絶な現場で撮影!~まだまだ知らないことがある~

  6. まだまだ深い、農業・漁業の世界 ~我々、クリエイターの出番!~