サラリーマンとフリーランス、どっちがいいのだろう?

あれよ、あれよ

 何だか、あれよあれよという間に目まぐるしく世の中が変わっています。

 これまでの常識が遠い過去のように感じてしまうほど、つい2ヶ月前の世界が懐かしく思ったりします。

 ふと思うと、僕は「フリーランス」に該当します。1人の会社ですけど、事業を生み出したり、大きくしたり小さくしたり、そして消去もできたり、その判断は自分に委ねられています。

 コロナ騒動になったものの、正直ほとんど実感がありません。仕事が極端に減ったわけでもないし、コロナがあろうがなかろうが、「不安感」にはそんなに差はないと思います。

 「不安感」で考えた場合、きっとサラリーマン時代の方が強い不安に襲われたと思うのです。サラリーマンだと、判断の主体はあくまで会社です。社員として最低限の生活は保証されるかもしれませんが、「組織の都合」を優先して動かなければならない。

 フリーランスは「生きる意思」さえあれば、しっかりプランを立て、行動を起こし、結果を出しやすい。組織の都合ではなく、まずは「自分がどうしたいか?」が優先される。

 大きなリスクを背負ってはいるが、結果は全て自分に返ってくる。面白さも辛さも、自分の経験値として蓄積され、会社の財産になる。

 サラリーマンか?フリーランスか?どちらにも一長一短があるが、僕の場合は、フリーランス的生き方の方が性に合っている。

 コロナ騒動のお陰で、「自分の本性」が浮き彫りになているように感じている。

関連記事

  1. 習慣づくりに集中!

  2. これは大変!コロナショックは想像以上!

  3. すごい会社のお客様!

  4. 誰もいない羽田空港

  5. 2020年は、積極的に海外へ!

  6. 新年、明けましておめでとうございます!