「パソコン・スマホの操作が分からず、情報発信できない…」という方に!

 昨日、ついに発令された「緊急事態宣言」。

 これから、初めてのワンダーランドに突入することは何となく分かりますが、自分も会社も、この社会で生き続けるにはしっかり「自己主張」しなければならないと思います。

 外に出て、人に会って情報を得ることが制限されてしまった今、スマホやパソコンで情報を得ることがますます行動として根付くでしょうし、ほとんどの人たちがそのように情報を得るでしょう。

 さらに、出勤しない「在宅ワーク」もどんどん普及するでしょうし、zoomでのミーティングも当たり前になるはず。営業も販売も打ち合わせも、全てインターネット上で完結される世の中に突入してしまったのかもしれません。

 しかし!突然やってきたこの状況に、戸惑っている人たちがかなりいることも忘れてはなりません。

 「facebookの登録はしてて、一応友だちの投稿は見てはいるけど、自分で発信したことがない」、「我が社は特に発信するニュースもないし、それで今までやってこれたから別に…」とか、「ITやパソコンで作業をするのはすごく苦手」など、スマホやパソコンを使って作業や情報発信をすることに抵抗を感じている人が、かなりいらっしゃるという現実があると感じています。

 僕は、facebookを始めてから10年以上経っていますし、これまでほぼ毎日色々な投稿をしてきました。最初は「自分が変な人間だと思われたらどうしよう…」、「自分のニュースなんて、人に見せる価値がないし…」など、自分のニュースを出すことにすごく抵抗がありましたが、今ではYouTubeでの動画配信にも着手し、発信することへの抵抗感はほぼなくなりました。

 でも「発信を苦手」とする皆さんに思うことは、今この機会に、無理してでも「発信できる自分」に進化するべきと思います。

 「ネット上に、どれだけ“新しい情報”を上げているか?」が企業イメージに直結しますし、ホームページや映像制作の仕事を通じて切実にそう思います。

 毎日毎日、色々なニュースで、「現代はDX(デジタルトランスフォーメーション)の時代に入っている」ことが言われています。まずは、その波にしっかり乗るべきでしょう。デジタル社会の中で会社の存在を示すためには、能動的かつ意図的に発信し続けることが最も安く、最も現実的で、会社の力を高めることにもつながります。

 オホーツク管内の方で、ITアレルギーに苦しんでいる方がいらっしゃればご相談に応じますので、一度お電話をいただいてから(電話0157-57-6795)、ご来社いただければと思います。

関連記事

  1. フセイン・ザナティさんに、さらなる活躍の場を

  2. インターンシップの受け入れ、おススメです!

  3. 「GoPro」でルーティン動画に挑戦!

  4. 「zoom」って、こんなにカンタンだったんだ~今だからこそ、オンライン…

  5. オホーツクHAPPYセミナーを開催します!

  6. 今できることを、とにかくやってみる!~YouTubeチャンネル開設を