年度末、仕事&引越しでバタバタです!

 実は、結婚して18年。子どものいない夫婦ですが、7年以上別々に暮らしているという変な形態です。

 僕は起業して北見に拠点を置きましたが、妻は大手企業で勤務する「転勤族」です。ついに3月、異動の辞令があり、現在の帯広から函館に引っ越すことになりました。

 北見から帯広ならまだ近かったのに、函館!?

 おいおい、遠すぎでしょ!!

 って感じですが、こればっかりは仕方がない。ブツブツ文句を言っても仕方ないので、とりあえず引越作業を手伝うことに。

 でも、この年度末。当方も何とか年度内に収めるべく、制作作業を急ピッチに進めているところ。なかなか、引越モードには切り替えられません。妻は妻で、引継ぎやら何やらで超多忙らしく、全然作業が進んでいない様子。

 お互いにギリギリのところで踏ん張っているわけですが、少しでもサポートができればと思い、この1週間、3回も帯広に来ています。

 北見で夜まで仕事したり、会合に参加した後、130km離れた帯広へ。僕のバイオリズムとしては、22:30くらいになると睡眠モードに突入なので、夜の運転の眠いこと眠いこと。耐えきれずに、途中2回ほどパーキングで仮眠し、そこからまた帯広へ向かいます。

 若い頃と違い、夜は完全に電源オフって感じです。

 今回の僕のミッションは、大型家具(本棚、ベット)の解体です。これらは、一緒に暮らしていたときに購入したもの。当初は、北見に運ぼうと思いましたが、見積してもらったらそれだけで10万円以上かかってしまいます。かと言って、函館に運ぶわけにもいかず。

 リサイクルショップ等も難しいことになり、最終的に「解体」という選択しました。

 色々と思い出が詰まっていますが、過去を振り返っても仕方ない。「僕たちの暮らしをサポートしてくれてありがとう」の気持ちを込めて、お別れすることにしました。

 などなど、この年度末に仕事×引越で大忙し!

 もうちょっとの辛抱です。

関連記事

  1. さらば沖縄!楽しい日常が待っている!

  2. 2020年予算案が出た!

  3. これは大変!コロナショックは想像以上!

  4. 初めての「メニューブック」づくり

  5. 貯金、はじめました

  6. 1日、1食、飲食店で