心と脳に、栄養を ~やっぱり読書っていいね!~

 普段、読書の習慣はあまりないのですが、時折無性に本が読みたくなる時があります。

 “のどの渇き”に似たような感覚。日々の生活の中で様々なアイディアが浮かんでいますが、それらを具体化するための土台として、心と脳が栄養を欲しがっているのだと思います。

 また、打ち合わせの中で、何故か「本」の話題が増えるのも特徴ですね。今回は稲盛和夫さんの『心』という新刊をおススメいただき、「読んでみたい!」と読書への興味が湧いてきました。

 ってことで、北見のコーチャンフォーへ。

 広いフロアーに、無数の書籍。いやぁ、いつ来てもここはワクワクしますね。

 コーチャンフォーには月に1回行くかどうか…といった感じですが、僕は電子書籍よりもリアルな本の方が好きだし、本屋さんという空間にいると、脳がとてもイキイキして来るような感覚になります。

 当初は2冊くらいの予定でしたが、結局4冊もの本を買ってしまいました。YouTubeで紹介されていた本が多いですが、「心」「見えない世界」「魂」「宇宙」などの本に興味が湧いてしまいます。

 早速、読み進めたのが、稲盛さんの『心』ですが、これは素晴らしい!起業後初の稲盛さんですが、サラリーマン時代と違って、心への突き刺さり方が全然違います。あらゆるメッセージが書いてあるのですが、まるで自分に言われているようなリアリティがあります。

 スケールに圧倒的な違いはあれど、稲盛さんも僕も同じ創業者。高い志を掲げて事業をスタートさせたことは共通です。

 稲盛さんは数々の試練を「感謝の気持ち」で乗り越えてきました。今、僕にも様々な試練が押し寄せていますが、「ありがとう」という言葉が持つ意味や重みを、経験を通して徐々に理解しています。

 稲盛さんが伝えている教訓は、まさに「経営の真髄」だと思います。どんなことにも悲観することなく、ポジティブに向き合っていけば、「必ず理想の状態になれる」という確信が湧いてきました。

 という事で、改めて「読書って、素晴らしい」という感じです。

 ブログと同様、読書も習慣化させて、どんどん自分をバージョンアップさせたいです。

関連記事

  1. 札幌から豪華なゲストが来てくれました!

  2. やっぱり、インデアンカレーだね!

  3. 英語は、決して難しくはない~遊びながら楽しく学ぶ~

  4. Facebookフル活用!地域の結束がスゴい!

  5. 弥勒のみこちゃんに、ご紹介いただきました!

  6. 2020年度も「ホタテ養殖」の情報発信をサポート!