情報を細かく伝えるには「ホームページ&紹介動画&YouTube」の三種の神器がおススメ!

 今日は、ホームページ制作依頼をいただいた企業様と打ち合わせをさせていただき、「どんなホームページにしたいか?」という内容を話し合いました。

 この企業は飲食店などを営み、オホーツク管内でもけっこう目立つ場所で事業を営んでいます。多くの人々が利用し、認知度は高いのですが、既存のホームページのままでは情報発信が不十分であり、「情報が少なく、雇用の確保にまでつながらない」と悩んでいる様子でした。

 同社の本部長さんと色々とお話ししたのですが、「ぜひ、YouTubeチャンネルも開設して、日々のニュースを楽しく伝えたい」という想いを持っていました。明らかに時代はテレビからネットに移行し、現に広告費がインターネットの方にどんどん流れています。日ごろから、「この潮流にいち早く乗り、新たな客層を掴むことが絶対必要」と思っているので、本部長さんと意気投合しました。

 ズバリ言うと、「ホームページに、ほとんどの情報を集約しちゃった方がいいのでは?」という感じです。会社概要・沿革・商品紹介などの固定情報は当たり前、企業のイメージを紹介する動画は今や普通だし、さらに必要なのは現場の香りが伝わる「リアルな情報」だと思います。そう考えると、YouTubeチャンネルを立ち上げるというのは最も近道であり、確かな選択だと思います。

 コロナウイルスの影響もあり、飲食店の客足が大幅に減り、かなりのダメージを受けているそうです。今までだったら「我慢して耐え忍ぶ」という日本人っぽい思想があったかもしれませんが、それを逆手にとり、動画やブログやTwitterで「飲食店はこんなに大変なんですよ!」というリアルな状況を発信すれば、そこにアクセスが集まる可能性だってあります。

 「ホームページ&紹介動画&YouTubeチャンネル」という「三種の神器」が揃えば、どんどん前向きに情報を発信できるし、それが企業への関心を集めることにもつながります。

 

関連記事

  1. オホーツクHAPPYセミナーを開催します!

  2. 「GoPro」でルーティン動画に挑戦!

  3. インターンシップの受け入れ、おススメです!

  4. 今できることを、とにかくやってみる!~YouTubeチャンネル開設を

  5. 「zoom」って、こんなにカンタンだったんだ~今だからこそ、オンライン…

  6. フセイン・ザナティさんに、さらなる活躍の場を