マナブさんの“肝っ玉”

 ブロガーやビジネス系のYouTuberとして人気を集める「マナブ」さんの情報をほぼ毎日見ているのですが、「ホント、この人すごいよなぁ」と感心させられてしまいます。

 3~4日前のtwitterに、コロナウイルスについての投稿があったのですが、何ともビミョーな表現の内容。マナブさんの真意は違うとは思いますが、「今こそ、コロナウイルスのネタをブログに書いて、どんどん儲けよう」みたいに受け止めた方もかなり多く、それに対する批判のツウィートが乱立し炎上しました。

 その状況を見て、思わず「こんなに批判されたら、これまで築いてきたマナブさんのブランド価値が落ちるのでは?」、「こんな状態なら、もうマナブさんはツウィートできないのでは?」と心配になりました。

 がしかし、その心配は無用なものでした。

 炎上する状況に対し、マナブさんはすぐに「失礼しました。言葉不足でした」と謝罪のツウィートで反応。自分の非をすぐ認め、謝る。とてもスッキリした対応です。その後は、またいつものペースでツウィートし続けています。

 僕だったら、あれだけ批判されたらメンタルやられるかもしれませんが、そこを冷静に切り返す凄さ。「マナブさんは、どう答えるのか?」と思っていたファンも多かったと思うので、好感度がアップしたのかもしれません。この肝っ玉はすごいと思いますが、どんな時も自分を信じて、冷静沈着でいることの大切さを学ばせていただきました。

 確かに、コロナウイルス情報は注目度が高いのでブログに書きたいところですが、色々な見解があるし、世界レベルの問題なので、念入りに調べた上で出さないと大変なことになりますね。

関連記事

  1. 志村 けんさんへ

  2. 新卒社員のホンネ、聞けちゃいました~企業を選ぶ目は、想像以上に厳しい!…

  3. Adobe MAXに行ってきました

  4. 稚内での報告を終えて

  5. 奥深い「ユニフォーム」の世界

  6. 北海学園大学大貝ゼミの学生さんが来た!