「農業」って、かなりインスタ映えします!

 この度、有機農法で玉ねぎなどを栽培する農業者様から依頼いただいて、ホームページを作らせていただくことになりました。

 「農業者っぽくないデザインで発信したい」ということなので、「どう表現しようか」と僕自身もワクワクしているわけです。

 昨日、打ち合わせということでハウス内で作業をしている時に訪ねてみました。100mもある大きなハウスなのですが、奥の方は蒸気が立ち込め、何とも神秘的な雰囲気。日光を浴びて熱くなった土から蒸気が上がり、ハウス内にこもっているようです。

 写真好きな僕としては、とても珍しく、ワクワクするシチュエーション。農家さんにしてみると、いつもと変わらない日常。

 
 実際は、上記のように縦で撮ったのですが、「インスタ映え」という観点で見てみると、いい感じで“映え”ますね。「奥に何があるのだろう」「なぜ、こんなに霧がかかっているのだろう」「誰かが歩いてきたら、ちょっと怖いなぁ」など、様々な感情を掻き立てれます。

 今回の制作は「農業っぽくない」というキーワードがありますが、違った角度から日常の仕事を見てみると、表現の幅が一気に広がります。

 北見は、玉ねぎの生産量が日本一です。あえて「オシャレ」や「シンプル」を意識した表現にすることで、農業者の想いや玉ねぎの「素顔」をうま~くお伝えできればと思います。

関連記事

  1. 稚内での報告を終えて

  2. 壮絶な現場で撮影!~まだまだ知らないことがある~

  3. 「夢」に日付を入れる

  4. 小野裕史さんのセミナーに参加!

  5. 北海学園大学大貝ゼミの学生さんが来た!

  6. 奥深い「ユニフォーム」の世界