「農家っぽくないホームページ」を制作します

 現在、弊社はホームページや映像制作の仕事を中心にしています。この制作過程の中で、共に「次の一手」を生み出している実感があります。

 「ホームページで情報を発信して、会社を知って欲しい」、「映像を使って、この商品の素晴らしさを伝えたい」、「地味な仕事だけど、がんばっている社員の表情をホームページで伝えたい」などなど、それはとても前向きな情熱であり、素晴らしいことです。

 皆さんに共通しているのは、「硬い殻をブチ壊し、次に進みたい!」という熱い想いです。いつしか自分の中にできてしまった「殻」は、自然発生的なものであり仕方のないことですが、その殻を破るという取り組みは、強い勇気と決断を求められます。

 昨日、若い農業者さんが来社し、ホームページの制作依頼をいただきました。打ち合わせの中で、ご本人が悩みに悩んで書き上げた「経営理念」と「ミッション」を見せてくれたのです。

 この農業者さんは、先祖から受け継いで5代目になります。現在は「自分で育て販売する」という手法をとっており、厳しい自由競争の中で生きていかなければなりません。「我が農場は、世の中にどんな価値を提供できるのか?」を考えに考え、大きな夢と魂の叫びのような想いが書き綴られていました。

 色々とやり取りをした結果、「農家っぽくない、シンプルでオシャレなホームページにしよう」と決まり、これから一緒に創ることになりました。

 農家でありながら、「農家っぽくない雰囲気にしたい」。実際、伝え方は非常に難しく、弊社にとっても大きな挑戦です。写真と文章、そしてデザインを組み合わせながら、オシャレとカッコよさを追求したいと思いますが、果たしてどんな作品に仕上がるのか?この創作活動はすごくワクワクします。

 ご依頼いただいた農業者さんの、そして、弊社の「殻」をブチ破る機会になることは間違いありません。

関連記事

  1. Oh---! No---!

  2. “確かな人材”と出会う方法

  3. 「ホームページまで、手が回らないんです…」という悩みに、具体的に対応し…

  4. ホテルの部屋って、スッゲー仕事がはかどるんですけど…

  5. 誰もいない羽田空港

  6. すごい会社のお客様!