「●●さん、お目が高いですねぇ~」。福祉の仕事のプロフェッショナルを見た!

昨日、約20名が生活する「高齢者住宅」に写真の撮影に行きました。

ここは、とってもゆったりとした集合住宅。

建物には、中央部分に大きなフロアーがあり、それを囲むように利用者さんの個室がありました。僕が行った時は、利用者の皆さんはフロアーに集まり、ソファーに座ってテレビを見ていました。

その時、一人の女性がトイレに行くためにスッと立ち上がり、50代半ばくらいの男性職員さんがすぐに近づき、寄り添って手をつないで歩き出しました。

その女性、もう90歳は超えているでしょうか。

そこで、その女性とカメラを持った僕は、目が合ったのです。

その女性は僕の方を見て「あら、いい男じゃない!」と声を掛けてきました。僕は思わず「ドキッ!」としてしまい、どう切り替えしていいかモジモジしていました。

すると、付き添いの男性職員が、ゆっくりとした口調でこのように女性に囁いたのです。

「●●さん、お目が高いですねぇ~」

するとその女性は「あら、そ~かい!」とすごくご機嫌で、ニコニコしながらトイレに行きました。

-----

一瞬のことでしたが、僕は「すごいステキなやり取りだなぁ」と、感動が込み上げてきました。

普通だったら「●●さん、お客さんなんだから、いきなりそんなこと言うのやめた方がいいですよ」という感じだと思うのです。

そこを、「お目が高いですねぇ~」とその女性のセンスを尊重しつつ、なおかつ客人である僕にも配慮が効いた一言を言えるとは、本当に素晴らしい対応です。

福祉の仕事も幅広いですが、このようなちょっとした場面で、この仕事ならではの「ワザ」が出るんでしょうね。

その住宅の利用者さんは皆80代以上だと思います。このようなスタッフに囲まれていることもあってか、とっても温かい雰囲気で幸せそうに暮らしていました。

関連記事

  1. 音楽の力って、すごい!

  2. NEW TYPE オホーツクが始動するかも!?

  3. だんだん「英語」が身近になってきた!

  4. 共通の趣味があるってすごい!~「ウルトラマン」のフィギュアをいただいち…

  5. やっぱり、インデアンカレーだね!

  6. 心と脳に、栄養を ~やっぱり読書っていいね!~