地方都市だけど、めちゃめちゃ元気!~なぜ、そう感じるのか?~

北海道・北見市に住んで約7年、企業を設立して約1年半が経ちました。 人口約11万人の都市ですが、実際に暮らしてみるとほとんど不便さを感じることはなく、むしろ、利便性を感じることの方が多いかもしれません。

でも、弊社の取り組んでいるホームページ制作や映像制作の分野で言うと、まだまだこれからの市場だと思います。むしろ、IT化を加速させ、5G時代の潮流に乗るためには、僕らのような業者が頑張らなければなりません。

未来が明るい3つの理由は以下の通りです。

①これから5Gの時代が来ますが、距離という物理的な概念が消えます。そうなると生活コストが安く、ストレスが少ない地方都市の優位性が一気に高まる。

②5G時代に対応するべく、企業側もリニューアルが必要です。そうなると、弊社のようなIT関連や情報発信サポート業者の出番がますます多くなります。企業の魅力情報発信は、様々な業種にも波及するので、経済全体が活気づくものと思われます。

③一次産業がめちゃめちゃ元気です。生産力が高い、若手の従事者も多いというばかりか、技術革新なども行われているので、どんどん効率化され、生産物流通の仕組みも改善されて続けています。②と同様に、一次産業も他の業種への波及効果が大きいので、これは期待が膨らみます。

という感じで、未来は明るいという予測はできるのですが、本当にそうするためにも、もっともっと頑張らねば!

関連記事

  1. サラリーマンとフリーランス、どっちがいいのだろう?

  2. エジプトって、近い国!

  3. ありがとう、初代Macbook Pro!

  4. 2020年は、IT化を進めよう!

  5. いつでも10km走れる基礎体力があれば!

  6. 次の一手のビジネスには「地域」という視点がある