Adobe MAXに行ってきました

2019年12月3日(火)、パシフィコ横浜で開かれた「Adobe MAX JAPAN 2019」に行ってきました。お世話になっているクリエイターさんから教えていただきいて早めにエントリーすることができ、なんと参加費3000円で参加することができました。

初めて参加したのですが、ここはいわば「クリエイターの祭典」。イラストレーターやフォトショップをはじめ、映像系の仕事であればプレミアプロやアフターエフェクツなどのソフトは欠かせないツールとなっています。昨今、2020年版にアップグレードされたのですが、各ソフトの主な変更点や便利な使い方の解説をはじめ、日本のトップで活躍している映像クリエイター、デザイナーさんからの話もあり、とても充実していました。

詳しくはYoutubeでもアップしようと思いますが、今回参加した僕の中での学びや気づきは大きく3つ。

①入念な事前準備が奇跡を起こすベースとなる
②「中小企業のためのCMステーション」に特化してもいいのではないか?
③iPadの活用が今後ますます広がっていく

です。

デザインとかクリエイターって、カッコ良くて華々しく思ったりしますが、1つのものを生み出すための努力がすごく大切だと再確認できました。だからこそ、いろいろなものに触れ、その背景を調べて知識にし、あらゆる物事を記録して制作に生かし、自分の感性を限りなく高めていくこと。

その蓄積があってこそのデザインであり、クリエイターなのだと思いました。

場所とか環境などはほとんど関係ない。夢、ビジョンに向かって、楽しみながら進むこと。とてもシンプルなのだと思います。

僕もあのような大きなステージに立てるよう、実績を重ねていきたいです。

関連記事

  1. 小野裕史さんのセミナーに参加!

  2. 稚内での報告を終えて

  3. “悔しさ”を超えて

  4. 企業は復活を遂げた後、さらに成長発展できる!